初心者が英単語を覚える10のコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

英単語を覚えるのはとても大変ですよね。覚えても使わないとすぐ忘れてしまうし。。。
そんな大変だと思う方に、英単語を覚えるコツを10個紹介いたします。

目次

効果的な学習習慣の作り方

効果的な学習習慣を作ることが、英単語を効率的に覚えるための基本です。
特に朝の時間帯に学習することが、集中力を高め、記憶の定着を促進します。

朝はウィルパワーが満タンでクリアな状態
集中力が非常に高いと言わている


例えば、朝起きてから3時間以内が最も効果的な時間帯とされています。
これは、脳の前頭葉から出るウィルパワー(集中力の源)が満タンなためです。

また、毎日少しずつ学習を続けることで、徐々に記憶が定着しやすくなります。
したがって、朝の時間を活用し、毎日コツコツと学習を続けることが重要です。

五感を使った記憶法

五感を使って英単語を覚えると、記憶に残りやすくなります。
視覚、聴覚、触覚を組み合わせることで、脳に強く印象づけることができるからです。

見て・聞いて・書いて の組み合わせで、覚えるスピードが全然違う


視覚的には、単語カードやイメージを利用することが有効です。聴覚的には、単語を何度も音読することで、耳から情報を取り入れます。さらに、手で書いて覚えることで、触覚も活用できます。
五感をフル活用することで、効率的に英単語を覚えることができます。

発音の重要性と練習方法

ネイティブな発音を意識することでリスニングの際にも聞き取りやすくなる

正しい発音を習得することが、英単語の記憶定着とリスニング力向上に繋がります。
発音が正確であると、リスニングの際に単語を認識しやすくなるからです。

英単語を覚える際には、必ず発音記号を確認し、ネイティブの発音を真似る練習をしましょう。Googleで単語を検索すると、発音が確認できるので便利です。
正しい発音を意識し、練習を重ねることが大切です。

スペルを覚えるコツ

スペルを正確に覚えることが、単語の正確な理解に繋がります。
スペルを覚えることで、単語の意味や使い方がより深く理解できるからです。
単語を何度も書くことでスペルを覚えましょう。特に間違えやすい単語は、ミスを記録して繰り返し練習することが効果的です。

書いて覚えることで、スペルの正確な記憶を目指しましょう。

短時間集中学習のすすめ

短時間で集中して学習することが、効率的な英単語の覚え方です。
長時間の学習よりも、短時間で集中する方が記憶の定着率が高いからです。

STEP
25分間集中して学習
STEP
5分休憩
STEP
後は繰り返し


ポモドーロ・テクニックを利用して、25分間集中して学習し、5分休憩を取る方法があります。この方法を繰り返すことで、疲労感を軽減しつつ効率的に学習できます。
短時間集中型の学習法を取り入れ、効率的に単語を覚えましょう。

ポモドーロ・テクニックとは
一般的には25分の作業と短い休息で作業時間と休息時間を分割する。1セットを「ポモドーロ」と呼ぶ。

ウィキペディア(Wikipedia)

覚えた単語の「見える化」

覚えた単語を「見える化」することで、学習の進捗を実感しやすくなります
学習の進捗が見えることで、やる気が維持されやすくなるからです。

単語帳にチェックマークを入れる、進捗をグラフ化するなどして、「見える化」することが効果的です。
学習の進捗を見える化することで、モチベーションを高めましょう。

類義語・対義語の活用

類義語や対義語と一緒に覚えると、単語の記憶が強化されます。
複数の関連語を一緒に覚えることで、脳が情報を整理しやすくなるからです。
例えば、「tiny(小さい)」を覚えるときに、「small(小さい)」や「large(大きい)」と一緒に覚えると、記憶に残りやすくなります。

一気に全部の類義語を覚えるのは難しい。
まずは簡単な類義単語から覚えてみよう


類義語・対義語を活用して、効率的に単語を覚えましょう。
どんな類義語があるから調べたい場合は「Weblio英語類語辞典」などで調べるとよいでしょう。

語源から覚える方法

語源から単語を覚えると、難しい単語も理解しやすくなります。
語源を理解することで、単語の意味を深く掴むことができるからです。

例えば、「cooperate(協力する)」の語源は「co(一緒に)」と「operate(活動する)」です。このように、語源を分解して理解することで、単語の意味を覚えやすくなります。

cooperate
(協力する)
co
(一緒に)
×operate
(活動する)
この単語を語源で分解して覚える2つの語源からの組み合わせで覚えやすい


このように語源から単語を覚えることで、難しい単語も理解しやすくなります。

忘却曲線に基づく復習

忘却曲線に基づいて復習することで、記憶の定着率を高めることができます。
復習のタイミングが適切であると、忘れる前に情報を再確認できるからです。

人間は覚えた瞬間からその事を忘れていき、20分後には約4割ほど忘れている。
その後は緩やかに忘れていくが、再度覚えなおす時はもっと早く覚える事ができる。


エビングハウスの忘却曲線に従い、最初の復習は翌日に行い、その後1週間以内、さらに1ヶ月以内に復習を行うと効果的です。
忘却曲線を活用して、効果的に復習を行いましょう。

すすめの復習のタイミング

  • 1回目:翌日
  • 2回目:その1週間後
  • 3回目:その2週間後
  • 4回目:その1ヵ月後
  • 5回目:その2ヵ月後

日常的に英語に触れる方法

日常的に英語に触れることで、学んだ単語を自然に身につけることができます。
英語に触れる機会が多いと、学習した単語を実際に使う機会が増えるからです。

英語のニュースを読む、映画やドラマを観る、英語のポッドキャストを聴くなど、日常的に英語に触れる機会を増やすことが大切です。
日常生活に英語を取り入れて、実践的に単語を覚えましょう。

これらの方法を実践することで、40代からでも効果的に英単語を覚えることができます。毎日の学習を楽しみながら、英語力を高めていきましょう。

  • URLをコピーしました!
目次