英語を楽しく勉強できるゲームシリーズ10選

当ページのリンクには広告が含まれています。

英語を楽しみながら勉強できる!そんなゲームやアプリが沢山あります。その中でも楽しみながら勉強できるゲームを10個選びました。

目次

デュオリンゴ(Duolingo)

評価: 4.5

特徴
短いレッスンやミニゲームを通じて、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングをバランスよく学べる。

メリット
無料で使える、レベルごとに進められる、習慣化しやすい。

デメリット
簡単すぎる場合がある、深い文法の理解が難しい。

Duolingoはかなり人気のあるゲームです。キャラクターがかわいくて、毎日の練習が苦になりません。短いレッスンが中心で、どこでも気軽に取り組めるのが良いです。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのバランスが良くて、いろんな角度から英語を学べます。ただ、レベルが進むにつれて、少し物足りなさを感じることもありますが、無料でここまで学べるのはすごいと思います。毎日少しずつ続けられるので、英語を習慣化したい人にぴったりですね。

ワードアメント(Wordament)

評価: 4.2

特徴
単語探しゲームで、他のプレイヤーとリアルタイムで競うことができる。

メリット
語彙力が向上する、競争要素でモチベーションが保てる。

デメリット
英語初心者には難しいかもしれない、時間がかかる。

Wordamentはすごくエキサイティング!他のプレイヤーとリアルタイムで競えるので、ゲームが白熱します。語彙力がどんどん試される感じで、知っている単語をどれだけ素早く見つけられるかが鍵です。慣れてくると、どんどんスピードが上がっていくのが実感できて楽しいです。ただ、英語初心者にはちょっと難しいかもしれません。でも、競争が好きな人には最高のゲームです。

スクラブル ゴー(Scrabble GO)

評価: 4.2

特徴
クラシックな単語形成ゲームのモバイル版で、友達や家族と対戦できる。

メリット
語彙力が鍛えられる、家族や友達と楽しめる。

デメリット
英語のレベルが高くないと難しい、対戦相手が必要。

Scrabble GOはクラシックな単語ゲームの魅力をしっかり保っています。家族や友達と対戦するのが楽しくて、英語の勉強にもなります。新しい単語を知るたびにスコアが上がっていくので、モチベーションが保てます。ただし、英語のレベルが高くないとちょっと難しく感じることも。英語力を試しながら楽しく遊べるのがこのゲームの魅力です。

ワーズ ウィズ フレンズ 2(Words With Friends 2)

評価: 4.4

特徴
スクラブルに似たオンライン対戦型ゲームで、友達やランダムな相手と単語を作る。

メリット
友達と楽しく英語の勉強ができる、語彙力が向上する。

デメリット
ゲームに時間がかかる、インターネット接続が必要。

Words With Friends 2は友達と一緒に楽しむのに最適なゲームです。スクラブルに似ていて、どんどん新しい単語を学べます。英語の単語を作りながら、友達と対戦するのがとても楽しいです。ただ、ゲームに時間がかかることがあり、時々対戦相手が見つかりにくいこともあります。でも、友達と一緒に英語を学びたいなら、このゲームはとてもおすすめです。

ABCスペリング(ABC Spelling)

評価: 4.8

特徴
スペリングの練習をゲーム形式で行えるサイトで、特に子供向けのコンテンツが充実。

メリット
子供が楽しくスペリングを学べる、教育的コンテンツが多い。

デメリット
内容が子供向けに限定される、大人には物足りない。

Spelling Cityは特に子供向けのスペリング練習に最適です。ゲーム形式でスペリングを学べるので、子供たちが楽しんで取り組めます。教育的なコンテンツが多くて、親としても安心して使わせられます。ただし、大人には少し物足りないかもしれません。でも、子供の英語学習にはとても良いツールだと思います。

ロゼッタストーン(Rosetta Stone)

評価: 4.5

特徴
英語の文法や語彙を楽しく学べるゲームやアクティビティを提供。

メリット
総合的な英語力が向上する、しっかりした教材が多い。

デメリット
有料コンテンツが多い、進行が遅く感じることがある。

Rosetta Stoneのゲームは、本当にしっかりとした教材に基づいていて、総合的な英語力を鍛えるのに良いです。文法や語彙を楽しく学べるので、学習が進む実感があります。有料コンテンツが多いのが少しネックですが、その分質の高い学習ができます。真剣に英語を学びたい人にとっては非常に有効です。

フォー ピックス ワン ワード(4 Pics 1 Word)

評価: 4.4

特徴
4つの画像から共通する単語を当てるパズルゲーム。

メリット
語彙力と推理力が鍛えられる、簡単で楽しめる。

デメリット
単語が難しい場合がある、繰り返しが多いと飽きることがある。

4 Pics 1 Wordはシンプルで楽しいパズルゲームです。4つの画像を見て共通する単語を当てるのは、とても面白くて頭の体操にもなります。単語が難しい場合もありますが、推理力と語彙力が鍛えられるのが良いです。簡単なルールで誰でも楽しめるので、ちょっとした時間に遊ぶのに最適です。

イングリッシュ セントラル(English Central)

評価: 4.0

特徴
動画を見てリスニングとスピーキングを強化するプラットフォームで、関連したクイズやゲームもある。

メリット
実際の会話に近い練習ができる、バラエティ豊かなコンテンツ。

デメリット
有料プランが必要、初心者には難しいことがある。

English Centralは動画を使った学習が新鮮で、とても実用的です。実際の会話に近い内容が多く、リスニングとスピーキングの練習に最適です。関連するクイズやゲームも楽しめるので、飽きずに続けられます。ただし、初心者には少し難しいかもしれません。有料プランもありますが、内容は非常に充実しています。

クイズレット(Quizlet)

評価: 4.7

特徴
フラッシュカードを使った学習ツールで、ゲーム形式の学習モードも提供。

メリット
語彙の暗記に効果的、自分のペースで学べる。

デメリット
繰り返し学習がメインで飽きることがある、有料コンテンツもある。

Quizletはフラッシュカードを使った学習ツールとしてとても便利です。語彙の暗記に効果的で、いろいろなモードで学習できるのが魅力です。自分のペースで進められるのも良い点です。ただ、繰り返し学習がメインなので、時々飽きることもあります。でも、短時間で効果的に学べるのは大きなメリットです。

カフート(Kahoot!)

評価: 4.6

特徴
教育用のクイズゲームプラットフォームで、先生や友達と一緒に英語のクイズを楽しめる。

メリット
参加型で楽しい、学校やグループ学習に最適。

デメリット
インターネット接続が必要、クイズ作成が手間。

Kahoot!はとにかく楽しい!教育用のクイズゲームとしては最高です。学校やグループでの学習に最適で、みんなでワイワイ楽しみながら英語を学べます。クイズの作成は少し手間ですが、それ以上に楽しさが勝ります。参加型でインタラクティブな学習ができるので、どんな年齢層にもおすすめです。

各ゲームの特徴と感想をお届けしました。どれも楽しく英語を学べるので、自分に合ったゲームを見つけて、英語学習を楽しんでみてくださいね!

  • URLをコピーしました!
目次