どれくらいで上達するのか?勉強方法は?

年々事業や企業のグローバル化が進んでいき、英語の必要性が高まってきています。
今後、海外の方ともお話をする機会が増えていくでしょう。
そのため、社会人になってから英語学習を始める方も少なくありません。
今回は、どのくらい勉強をすれば英語を習得できるのか、そして社会人におすすめの英語の勉強方法を紹介します。

目次

英語を習得するのに、何時間勉強すればいい?

英語を習得するのに必要だといわれる勉強時間は約2,200時間だと言われています。
1日3時間勉強すると、23ヶ月ほどで英語を習得することができます。
しかし、社会人が1日3時間も勉強するのは難しいでしょう。
そのため社会人は、平日は1日1時間勉強し、休日は1日5時間勉強するなど、勉強する時間を上手に確保することが大切です。

おすすめの英語の勉強方法

  • まずは基礎を固める
  • 自分でフレーズを作る
  • 文章問題を解く
  • 洋書を多読する
  • 英会話教室に通う

それぞれ順に説明していきます。

まずは基礎を固めることから始める

英語の勉強は、最初に基礎を固めることが大事です。
「学生の頃にやったから大丈夫!」と飛ばされがちな基礎ですが、基礎固めを飛ばしてしまうことは、多くの人が挫折してしまう原因の1つです。
基礎をしっかり固めてから、本格的な英語学習に入るようにしましょう。
まずは簡単な単語から始め、文法の作りについて覚えていきましょう。

自分でフレーズを作ってみる

ある程度単語を覚えたら、自分でフレーズを作ってみましょう。自分でフレーズを作っていかないと、英語は上達しません。
いくつか単語を覚えてきた状態で、実際にフレーズを作ってみると「あれ、意外とフレーズがいっぱい作れるぞ」と気づくことがあります。
フレーズがたくさん作れるようになったら、英語で日記を書いたりするのもいいですね。

文章問題を解く

実際に参考書などを使って、文章問題を解いていきましょう。
文章問題を解くときのポイントは、問題も解答もすべて英語である文章問題を解くことです。
TOEICのリーディングテストのような文章問題がおすすめです。

洋書を多読する

少しずつ英語が身についてきたと感じ始めたら、洋書を読んでみましょう。
洋書を読むことは、英語力を向上させるのに最適な方法の1つです。
読解力、表現力、語彙力を上達させることができるなどと、洋書を読むメリットはたくさんあります。
また、実際に口に出して音読することで、スピーキング力を上達させることができます。

また、デスクに向かってひたすら単語を覚えたり、問題を解いたりするだけだと、次第に疲れてしまったり、英語の勉強に飽きてしまいますよね。
そのため、洋書を読むことは、良い息抜きにもなります。

英会話教室に通う

独学での英語学習を続けることは、かなり難易度が高いです。
特に、独学でスピーキング力を伸ばすことはかなり難しいでしょう。

もちろん、独学で英語を習得することは可能ですが、以下のような問題がついて回ります。

  • 適切な方法で学ぶことが難しい
  • モチベーションを維持することが難しい
  • 間違った英語を覚えてしまう可能性がある
  • 英語を正しく発音できているか確認をとるのが難しい

英語教室では、独学で英語を学習する際に、ついて回ってくる問題を解決することができます。
そのため、空いている時間に英語教室などに通い、誰かから英語を教えてもらうことをおすすめします。
現在は、実際に教室に足を運ばなくても英会話レッスンが受けられる、オンライン英会話もありますので、忙しい方でも気軽に英会話レッスンが受けられます。

失敗しない! 英語を上達させるコツ

次に、英語を上達させるコツを紹介します。
ここでは、4つのコツを紹介します。

  1. 目標を決める
  2. わからないことはそのままにしておかない
  3. TOEICや英検を受ける
  4. 自分に合った勉強方法を見つける

順に説明していきます。

目標を決める

まずは、目標を決めましょう。
人間は意志の弱い生き物です。そのため目標がないと、少し失敗しただけで、ポキっと心が折れてしまうことも少なくありません。
これは、英語学習にも同じことが言えます。

なぜ英語を覚えようと思ったのか、英語を覚えたら何をしたいのか、と目的や目標を明確にしましょう。

わからないことはそのままにしておかない

英語学習をしていると、どうしてもわからないところが出てきます。
洋書を読んでいる際に、わからない単語があっても調べずに、そのままにしてしまう人もいます。
わからないところをそのままにしておくと、いつまで経っても上達しません。
わからないところはメモに残し、答えがわかるまで自分で調べてみましょう。
どうしてもわからない場合は、英会話教室の先生に聞いてみるのもいいと思います。

TOEICや英検を受けてみる

実際に試験を受けないと、自分がしっかり上達しているのか確認することができません。
TOEICや英検を受けることで、どのくらいの期間で、どのくらい英語が上達しているか、目に見えて把握することができます。

自分に合った勉強方法を見つける

英語の勉強を続ける上で大事なのが、自分にあった勉強方法を見つけることです。
自分に合った勉強法で勉強を続けることによって、最も効率よく英語を習得することができます。逆に、自分に合っていないやり方で勉強を続けてしまうと、次第に勉強することが辛くなってしまい挫折に繋がってしまいます。
少しずつでいいので、自分に合った勉強方法を探していきましょう。

継続することで、必ず目標は達成できる

今回は、英語習得に2200時間が必要だということ、おすすめの勉強方法、そして英語を上達させるコツを紹介しました。
英語を習得するまでの道のりは長いですが、自分に合った勉強方法を見つけ、継続することができれば、必ず目標を達成することが出来ます。
なので、目標を達成するまで、楽しみながら英語の勉強をしましょう!

  • URLをコピーしました!
目次