英語をマスターしたらどんな職業に就けるのか?給料等は?徹底解説!

グローバル化が進んでいる現在において、英語ができる人材の需要は高くなっています。英語をマスターすることで、さまざまな職業に就くことができ、高い給与を得ることが可能です。本記事では、英語をマスターしたら就ける職業やそれぞれの職業の平均給料をご紹介します。

目次

英語を活かせる仕事に就くにはどのくらいの英語力が必要?

英語をマスターするといっても、どのくらいの英語力が必要なのか、曖昧でわからない方もいるでしょう。
一般的にTOEIC700点以上あれば、就活や転職で有利になるといわれています。
グローバル企業で高い役職に就きたい、または翻訳家になりたいと考えている方は、それ以上のスコアを獲得する必要があります。グローバル企業の高い役職や翻訳家はTOEIC855〜990点ほど獲得している方がほとんどです。

英語をマスターしたら就ける職業

英語をマスターしたら就ける職業は非常にたくさんあります。以下に代表的な職種と平均年収をご紹介します。
なお、本記事で紹介している平均年収は目安であり、労働条件や待遇は企業によって大きく異なることがあります。

ビジネス関連の職業

英語を活かせるビジネス関連の職業としては、以下のような職業があります。

グローバル企業のビジネス担当者

グローバル企業のビジネス担当者は、英語を使って海外の取引先や顧客と交渉し、ビジネスを展開します。英語力が高い人は、海外の取引先と円滑なコミュニケーションができるため、国境を越えたビジネスにおいて重要な役割を果たします。
ビジネス担当者の平均初任給は約400万円ほどです。グローバル企業の場合、海外赴任や海外駐在員手当が支給される場合があり、年収は1000万円以上になる場合もあります。

グローバル人事担当者

グローバル企業の人事担当者は、英語を使って海外の社員の採用や配置、福利厚生などを管理します。英語力が高い人は、海外の社員と円滑なコミュニケーションを取ることが可能なので、グローバルな人材の採用や配置がスムーズに行えます。
人事担当者の平均初任給は約350万円程度で、経験年数や職務経歴などに応じて増加します。グローバル企業の場合、海外赴任や海外駐在員手当が支給される場合があり、年収は800万円以上になる場合もあります。

国際営業担当者

国際営業担当者は、海外市場において商品やサービスを販売するための国際的なビジネス展開に携わる職業です。主な業務は、海外市場の分析やマーケティング戦略の策定、海外パートナーとの交渉や契約の締結、海外の顧客とのコミュニケーション、海外展示会の企画や運営などが挙げられます。国際営業担当者の平均初任給は400万円程度です。海外赴任などで手当が支給されるグローバル企業では、年収は1000万円以上になることもあります。

グローバルマーケティング担当者

グローバルマーケティング担当者は、英語を使って海外の市場調査やマーケティング戦略を立案し、実行します。
マーケティング担当者の平均初任給は350万円程度です。海外赴任などで手当が支給されるグローバル企業では、年収は800万円以上になることもあります。

観光・ホスピタリティー関連の職業

英語を活かせる観光・ホスピタリティー関連の職業としては、ホテル、旅行代理店、航空会社、レストランなどでの接客、案内などがあります。
日本の国内外のホテルでのフロントスタッフの平均年収は、約300万円〜400万円程度です。また、日本の航空会社での客室乗務員の平均年収は、約500万円〜600万円程度です。

教育・研究関連の職業

英語を活かせる教育・研究関連の職業としては、大学や語学学校での教員、研究者、教材開発者などがあります。英語職以外にも、英語教育に関する知識やスキルが必要です。
日本の大学講師の平均年収は、約600万円〜800万円程度です。海外の大学での英語教員の平均年収は、約3000ドル〜5000ドル程度だといわれています。

通訳者・翻訳者

言語の壁を超えたコミュニケーションを支援する仕事としては、翻訳者や通訳者があげられます。
通訳者は会議などの現場に居合わせ、リアルタイムで翻訳を行う場合がほとんどですが、Zoom等を使ったオンライン会議で通訳をする場合もあります。
通訳者の年収はスキルや経験、専門分野などによって大きく異なりますが、初任給は300万円程度です。国際機関や大手企業の専属通訳として活躍している通訳者の年収は1000万円を超える場合もあるそうです。
一方翻訳者は、フリーランスや副業として活動している方が多いため年収は50万〜500万と幅が広いです。
日本国内の翻訳会社に勤めている翻訳者の平均初任給は300万円前後です。経験が増えるにつれて500万円以上になることもあるそうです。専門的な分野や特定の言語ペアに特化した翻訳者は、高い報酬を得ることもあります。なお、一般的に翻訳者や通訳者は海外で働いた方がお給料は高くなります。

英語をマスターしたら就職や転職の幅が広がる!

本記事では、英語をマスターするとどんな職業につけるのか紹介しました。
本記事で紹介している職業の給料はあくまでも目安であり、経験、専門性、言語レベル、地域などによって異なります。
しかし、英語をマスターすることで就職や転職の幅が広がったり、年収アップが狙えるようになったりするのは確実です。英語をマスターしたらやってみたい仕事を見つけて、ぜひ英語学習のモチベーションにしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次